Laravel の env をキャッシュ化

https://readouble.com/laravel/5.8/ja/deployment.html#optimizing-configuration-loading

上記を読むと、Laravelのenvはcacheして使えとのこと。

 

ただし、

開発時にconfig:cacheコマンドを実行する場合は、設定ファイルの中だけで、env関数を呼び出していることを確認してください。設定ファイルがキャッシュされてしまうと、.envファイルはロードされなくなり、env関数の呼び出し結果は全てnullになります。

 とのことで、コントローラーやBladeの中でenv()を使っているものがあれば、

configの中に定義し直し、config('myconst.DOMAIN') のようにして使う。

 

以下、

php artisan config:cache

でキャッシュ化。

 

.envを更新するときは、

php artisan config:clear 

 .envをアップし直したら、再度、

php artisan config:cache

でキャッシュ化。