EC2を立ち上げてからFTP接続可になるまでの手順覚え書き

インスタンスの立ち上げ>
Amazon Linux AMI 2018.03.0を選択
キーペアは事前に新規で作成しておく

 

<Swapの作成> ←EC2のインスタンスタイプがmicroだとどこかでメモリ不足になる
sudo /bin/dd if=/dev/zero of=/var/swap bs=1M count=1024
sudo chmod 600 /var/swap
sudo /sbin/mkswap /var/swap
sudo /sbin/swapon /var/swap

 

<サーバーの時間変更>
cp /etc/localtime /etc/localtime.org
sudo ln -sf /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/l
ocaltime

sudo cp /etc/sysconfig/clock /etc/sysconfig/clock
.org

sudo vi /etc/sysconfig/clock

ZONE="Asia/Tokyo"
UTC=false
に変更

一旦、AWSインスタンスを再起動し、
dateで日本時間になっているか確認

 

Apacheのインストール>
httpd -version
(もし2.2系が入っている場合は↓)
sudo yum remove -y httpd
sudo yum remove -y httpd-tools

 

sudo yum install httpd24
sudo service httpd start
sudo chkconfig httpd on

(参考サイト)
https://utano.jp/entry/2016/10/amazon-linux-apache-24-install/

 

<PHP72のインストール>
sudo yum install php72 php72-devel php72-gd php72-mbstring php72-mysqlnd php72-pdo php72-xml

 

とりあえずこれくらいオプションを入れておけば、事足りるのかな。

(参考サイト)
https://miyabi-lab.space/blog/16

 

php.iniの設定>
sudo cp /etc/php.ini /etc/php.ini.org
sudo vi /etc/php.ini

- error_log = php_errors.log
+ error_log = /var/log/php_errors.log

- date.timezone =
+ date.timezone = Asia/Tokyo

- ;mbstring.language = Japanse
+ mbstring.language = Japanese

- ;mbstring.detect_order = auto
+ mbstring.detect_order = auto

 

MySQLのインストール> ←RDSを使えば不要
sudo yum list available | grep mysql*
sudo yum install -y mysql57-server
sudo chkconfig mysqld on
mydql --version

 

<EC2側の設定>
(参考サイト)
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/install-LAMP.html

EC2のインスタンスを選択し、「セキュリティーグループ」の「launch-wizard-3」をクリック

アクションーインバウンドのルールの編集

ルールの追加で、HTTPとHTTPSを追加

以上で、ブラウザでIPアドレスでアクセスするとテストページが表示される

 

<FTPのインストール>
https://qiita.com/sakuraya/items/b7e513a6add1dfc198b5

sudo yum -y install vsftpd
sudo vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf

// 以下の3行のコメントアウトを外す
chroot_local_user=NO
chroot_list_enable=YES
chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list

// 以下の1行を追加
user_config_dir=/etc/vsftpd/user_conf

touch /etc/vsftpd/chroot_list ←↑はmkdirになっているが間違い。
sudo vi /et/vsftpd/chroot_list
ftp-userを追加して、:wq

sudo mkdir /etc/vsftpd/user_conf
sudo touch /etc/vsftpd/user_conf/ftp-user
sudo vi /etc/vsftpd/user_conf/ftp-user

local_root=/
を追加

ユーザー追加
sudo useradd ftp-user
sudo passwd ftp-user


sudo chown ftp-user /var/www
sudo chmod 755 /var/www

ポートを開ける
EC2のインスタンスを選択し、「セキュリティーグループ」の「launch-wizard-3」をクリック

アクションーインバウンドのルールの編集

ルールの追加で、
「カスタムTCPルール」
「ポート:6001-60010」
「ソース:0.0.0.0/0」

「カスタムTCPルール」
「ポート:21」
「ソース:0.0.0.0/0」

を追加。

FTP起動
sudo service vsftpd start
sudo chkconfig vsftpd on

以上で、FTP接続可能になる。

 

===== 以下、追加の設定 =====

<composerのインストール>

https://qiita.com/k-ando/items/b022fcea2cf76d9814a9

 

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer

 

<EC2からRDSに接続>

1. RDSでデーターベースを作成し、セキュリティーグループ(タイプ:EC2 Security Group - Inbound)をクリック

 

2.  「インバウンド」ー「編集」を押し、

タイプ:「MYSQL/Aurora」

ルール:接続元のEC2インスタンスで「セキュリティーグループ」のリンクを押し、表示された『グループID』を入力

 

これでEC2を踏み台にして、RDSに接続できる。

 

以上