Github覚え書き

リモートリポジトリの設定

git remote add origin <GitHubで作成したリポジトリのURL>

 

ステージング用ブランチの作成

git branch stg

 

STGでプログラム変更→リモートのstgに反映>

git push origin stg

(【origin】を【stg】に反映)

 

<リモートの最新情報を取得>

git fetch

 

<Masterとstgとの差分を見る>

 プラグインgitlens」を入れる

 

<remote レポジトリの確認>

git remote -v

git remote -help

 

===============

 <新しい環境作成時の注意事項>

git remote add STG https://github.com/user/repo.git

git remote add TEST https://github.com/user/testrepo.git

で新規作成のレポジトリと、開発環境2つのレポジトリを追加する。

 その後、STGという新しいブランチを作成する。

 

<注意点1>

ブランチを、STGにし、「指定元からpull」を押して、追加したブランチを見ると、

「プル元のブランチを選択」が空になっていてpullできない。

 

その後、ターミナルで、

git fetch

する。

そうすると、次回から、「指定元からpull」からpullできる。

 

<注意点2>

しかし、初回、「指定元からpull」で選んでも、

fatal: refusing to merge unrelated histories

 となり、pullできない。

よって、初回は、

$git merge --allow-unrelated-histories origin(※リモートブランチ名)/master(※ブランチ名) 

 

 とする。