AWSのアカウント設定でやること

AWSベストプラクティスに準拠させることが重要

Amazon EC2 のベストプラクティス - Amazon Elastic Compute Cloud

 

・IAM ユーザーの作成

・多要素認証(MFA)仮想デバイスの有効化

※IAMユーザーとrootユーザーの両方の設定が必要

 IAMユーザーでログインして設定し、ログアウト後、rootでログインし直し、

 再度設定

 

・IAMユーザーへの請求画面へのアクセス設定

 →rootでログイン→アカウント→「IAM ユーザー/ロールによる請求情報へのアクセス」の横の「編集」→「IAM アクセスのアクティブ化」にチェック