Laravelに管理画面用認証追加

qiita.com coinbaby8.com 1. Admins テーブル作成 php artisan make:migration Admins

LaravelのIPアドレス制限

co.bsnws.net

EC2を立ち上げてからFTP接続可になるまでの手順覚え書き

<インスタンスの立ち上げ>Amazon Linux AMI 2018.03.0を選択キーペアは事前に新規で作成しておく <Swapの作成> ←EC2のインスタンスタイプがmicroだとどこかでメモリ不足になるsudo /bin/dd if=/dev/zero of=/var/swap bs=1M count=1024sudo chmod 600 /v…

Laravel Cloudfrontのキャッシュ削除のパス指定

(完全にメモ) storage/mount/XXXXXXXXXXX/* ※Popular Objectsのページを見て、そこのパスから書く。 docs.aws.amazon.com

laravelium/sitemap のインストール

gitlab.com 1.自分の環境はLaravel5.5のため、composer.jsonに以下を記述する。 "require": { "php": ">=7.0.0", "aws/aws-sdk-php": "~3.0", ・・・・ ・・・・ "laravelium/sitemap": "2.7.*" ←★ここを追加 }, 2.composer updateで必要なファイルをイ…

ImagemagickでCPU100%回避

tech.clickyourstyle.com まずは、自分の設定値を確認 identify -list resource /etc/httpd/conf/httpd.conf に以下を追記 SetEnv OMP_NUM_THREADS 1 その後、以下を実行 $ sudo service httpd configtest Syntax OK $ sudo service httpd reload 以上 確か…

EC2からS3へ大容量ファイルのコピー

<駄目な例(メモリー食いまくり)> Storage::disk('s3')->put($move_to, Storage::file_get_contents($file)); <いい例(メモリを食わない)> Storage::disk('s3')->put($move_to, fopen($file, 'r+')); https://blog.larapulse.com/laravel/handling-la…

Laravel + Dropzonejs + pionl/laravel-chunk-upload で大容量ファイルのアップロード

https://github.com/pionl/laravel-chunk-upload https://github.com/pionl/laravel-chunk-upload/wiki ===== インストール編 ====== 1. SSHでサーバーにログインし以下のコマンドを打つ composer require pion/laravel-chunk-upload 2. Config/app.phpを開…

Laravelでphpinfoの見方

web.phpに以下を記載するのが一番簡単。 Route::get('/phpinfo', function(){phpinfo();});

errorログの見方

sudo ls -la /var/log/httpd sudo vi /var/log/httpd/error_log

(CloudWatchエージェント利用) CloudWatchで、EC2のメモリ使用量とディスク容量をウォッチする

基本的には以下に書かれている。 https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudWatch/latest/monitoring/Install-CloudWatch-Agent.html コマンドラインを使用して CloudWatch エージェントをダウンロードおよび設定する https://docs.aws.amazon.com/ja_j…

CloudWatchで、EC2のメモリ使用量とディスク容量をウォッチする

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/mon-scripts.html 基本的には上に書いてあるが一部補足 1.以下のコマンドを実行 sudo yum install -y perl-Switch perl-DateTime perl-Sys-Syslog perl-LWP-Protocol-https perl-Digest-SHA.x8…

CloudFront 覚え書き

1.AWSのCloudFrontの設定で 「Alternate Domain Names(CNAMEs)」 の項目があるので、CloudFrontで使いたい名前を入れる。 2.ACM証明書で、上記の名前を登録する。 注意!この際、リージョンを「米国バージニア北部」にしておかないと、 CloudFrontのACM…

503エラーになった時の忘備録

httpdが止まっているか? service httpd status 止まっている場合、エラーログを見る sudo less /etc/httpd/logs/error_log S3のマウントを一旦解除し、再マウントする httpd 再開 sudo service httpd restart これでも起動しない場合、AWSにログインして、E…

S3を使ったリダイレクト

AドメインからBドメインへ変更した際、Aドメインにあったアクセスを 全てBドメインに振り分ける覚え書き <リダイレクトの流れ> 旧ドメインでアクセス→CloudFrontでS3に振り分け→S3で新ドメインにリダイレクト --S3の設定-- (1)S3で、リダイレクト元のド…

S3のマウントが外れた時にすること

マウント解除 sudo umount /var/www/html/app/laravel/storage/app/public/mount マウントする sudo mount -a (マウント解除してからマウントすること)

LaravelにFPDI PDF-Parser(有料版)を導入

FPIDは、PDF Ver1.4までしか扱えない。 Ver1.5以上を扱う場合、有料のPDF Parserが必要になる。 購入からインストールまでの忘備録。 購入後、SetasignのPickup Depotの「Composer」を見ると以下が書いてある。 { "require": { "setasign/fpdi_pdf-parser": …

Lravel に tFDPFを導入

packagist.org composer.jsonに以下を追加 "require": { "setasign/tfpdf": "1.25",} コマンドで composer update 使いたいコントローラーに以下を追記use setasign\tFPDF; 以上

AWSのEC2に一時的にSwap領域を作成する

Lravelでcomposer updateをやると、エラーになった よって、一時的にSwap領域を作成する https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/knowledge-center/ec2-memory-swap-file/ https://qiita.com/ekzemplaro/items/7a855971ab5463580ef3 実際にやったコマンド…

メモリー使用量をみる&PSのオプション

free -m ←MB単位で表示 見る場所は、 -/+ buffers/cacheの列 ps -u apache u apacheのプロセスを、CPUやメモリの使用率も併せてみる

Server responded with 504 code の対策

Dropzone.jsで700MBのファイルをアップロードすると、 Server responded with 504 code. のレスポンスが返ってきた。 Dropzone.jsのタイムアウトは、 timeout:300000, に設定している。 https://qiita.com/kotarella1110/items/169ddcef03983f5d64b2 を見る…

Deferredの忘備録

https://msitter29.hatenablog.com/entry/2016/04/15/200058 非同期タスク ->A実行 -> A完了 -> B実行 -> B完了 -> C実行 -> C完了 -> 全部終わったら処理ということがしたい場合の例。 var promise = $.Deferred().resolve().promise(); for (var i = 0; i …

Safariでの制約事項

mobile Safariで大きいキャンバスを作成しようとすると、以下の警告が出る。 Canvas area exceeds the maximum limit (width * height > 16777216)

Laravelでenvの更新の覚え書き

手順としては以下 ①php artisan cache:clear →キャッシュ削除(bootstrap/cache/config.phpを削除) ②php artisan config:cache →再度キャッシュする(bootstrap/cache/config.phpを再生成) いきなり、php artisan config:cache だと、 envの変更が反映され…

Github覚え書き

リモートリポジトリの設定 git remote add origin <GitHubで作成したリポジトリのURL> ステージング用ブランチの作成 git branch stg <STGでプログラム変更→リモートのstgに反映> git push origin stg (visual code studio → [プッシュ先] - [origin]を選択) <リモートの最新情報を取得></githubで作成したリポジトリのurl>…

Laravelのメール送信にAmazon WorkMailを使うメモ

以外と探してもなかったので自分がやったことをメモ . .envに以下を設定 ----------------------------------- MAIL_DRIVER=smtpMAIL_HOST=smtp.mail.us-west-2.awsapps.com ←★リージョンによって異なるMAIL_PORT=465MAIL_FROM_ADDRESS=info@XXXX.comMAIL_FR…

Laravelのメールの追加時にすることメモ

メールの初期設定は終わっていることが前提 1.artisanコマンドでmailableクラスを生成する php artisan make:mail XXXMail 以下にファイルが作成される laravel├ app│ ├─ Mail│ │ └─ XXXMail.php 2.作成したファイルに以下のような感じで記載 public fun…

Laravelのvalidationのメモ

バリデーション 5.6 Laravel ①エラーがあると、前のページにリダイレクトさせたい場合 コントローラー側の基本形 $request->validate([ 'id' => 'required|alpha_num', ]); エラーがあると、前のページにリダイレクトする。その際、GETでリダイレクトされる…

Laravelの管理画面について(Laravel-adminは止めたほうがいい)

「Laravel 管理画面」で検索すると上位に表示されるサイトに、 「Laravel-admin」がオススメ!とか書いてある。 それを信じて、「Laravel-admin」を入れてみたが、正直止めたほうがいい。 「Laravel-admin」は、どうも中国人が作ったようで、 コミュニティー…

Laravel でPCとスマホのbladeを使い分ける

sickhack.hateblo.jp